ロゴマーク クリックでトップページへ

不妊治療 fertility treatment

不妊治療についてabout treatment

不妊で通院している・高齢である・急を要しているなどの場合はすぐに病院で不妊治療を受けて頂くことをおススメしますが、その前に体の中(子宮、卵巣の状態)をよくしておかないと着床しない、着床してもすぐ流れてしまうケースも多いと思います。
そういった場合、まずは自分の身体と向き合う必要があります。そのお手伝いが『妊娠サポート整体』なのです。

婦人科系の不調の原因について

やはり、婦人科系(子宮、卵巣)の問題が引き金となり不妊傾向になっています。

  • 子宮にできものができる
  • 子宮に何らかの異常がある
  • 卵管異常、卵巣に水がたまる
  • 卵巣に何らかの異常がある
  • 卵巣に多嚢胞がある(PCOS)
  • 生理痛・排卵時痛
  • 女性ホルモンのバランスが悪い
  • 生理不順
  • PMS(生理前の吐き気めまい、腹痛、頭痛などの痛み)
  • 更年期(若年・40代)の不妊
  • 子宮や卵巣の問題

などの原因が考えられます。
ながおのさと産骨院は施術実績が豊富です! 数々の女性のお悩みを改善へと導き、喜びの声を多数頂いております。

機能改善のメカニズム

身体の循環が悪くなると、女性に関しては一番大事な子宮や卵巣に何らかの問題が起きてきます。
子宮や卵巣だけが悪いのではないのです。
全身の循環システムが落ちてしまうといろんな所にガタがきてしまい、内臓の状態が悪いと循環が乱れます。
そして、人間は二足歩行ですから下に重力がかかりますので内臓も下へ下へ変位してきます。
その内臓の下への圧迫によって子宮や卵巣は左や右に偏ってしまいます。
骨盤が左右にズレたり、歪んでいても子宮や卵巣も引っ張られますので左右に偏ってしまいます。
こういった状況を改善し、全身を整えるためには内臓へのアプローチはとても重要です。
脳のホルモンの影響も大事ですので、頭蓋骨も調整することでホルモン分泌の司令塔がうまく機能してくれると言われています。
骨盤を整えることで骨盤内にある子宮や卵巣の位置も整い、本来の力を発揮できるようになります。
また、患者様ご自身の生理周期をベースに通院ペースを決めていきます。
生理周期を28日として前半、後半と分けます。
その前半では卵胞ホルモン(女性ホルモンのエストロゲン)が分泌されます。
後半では黄体ホルモン(女性ホルモンのプロゲステロン)が分泌されます。
その前半と後半の間に排卵期があります。
基礎体温が下がるときです。
一番受精率が高いのは排卵前の1日前~3日前、排卵後1日と言われています。
その出ている女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)によって役割が違いますからそれも考えながらの施術となります。
その辺の詳しいお話はカウンセリングの時にお話いたします。

不妊治療の施術内容technique

  • 1.

    まずはしっかりカウンセリングを行います。あなたの今の状態をお伝えし、どうしていきたいかの方向性を決めます。
    よりその人に合った専門的な施術を行うことで、多くの女性を救えると思っております。
    初回のカウンセリングで施術内容を理解していただきます。

  • 2.

    内臓の状態をチェックして内臓の調整を行います。

  • 3.

    骨盤の状態をチェックし、しっかり整えていきます。
    そうすることでも子宮や卵巣の状態が回復してきます。

  • 4.

    次に頭の調整に入ります。
    頭の中に女性ホルモンを促してくれる司令塔の部分がありますので軽くタッチする感覚で頭を整えていきます。
    頭には脳脊髄液というものがあります。
    調整できると自律神経を整えることもできます。

  • 5.

    首の調整や姿勢(猫背)調整をしていきます。

  • 6.

    最後にもう一度状態を確認して終りとなります。

すべて軽く圧を加える程度ですので、バキバキしたり、強く揉んだりなどは一切しませんのでご安心ください。

子宮収縮の原理及び骨盤の歪み

たくさんの不妊相談を受けてきた経験から言えるのは、なかなか妊娠しないのは「体の準備が整っていない」こと、つまり骨盤の開きや骨盤の歪みが最大の原因ということです。
もともと疾患がある方はともかく、異常がないのになかなか妊娠できないママさん。まず骨盤をしめることです。
骨盤が開いていると子宮自体が圧迫をうけ機能不全になります。
骨盤が広がることで背中が丸くなり、横隔膜も下がってきます。つり橋がワイヤーの張力によって安定しているように、子宮は靭帯によって骨盤と連結しています。
このため骨盤が開いてしまうと、卵巣の靭帯などの支持組織にたるみが生じる上に内臓も下がってきますから、卵巣と卵管も圧迫を受けて降下してしまいます。これがそもそも原因です。
それにともない、子宮本体の温度が上昇しないことも大きな原因となります。

子宮内膜症と恥骨痛について

傾斜の少なくなった卵管は分泌液が子宮へと流れにくくなり、月経で剥がれ落ちた子宮内膜が卵管へと逆流してしまいます。
そして卵管采から子宮内膜が腹腔におちてしまいます。
これが子宮内膜症です。
骨盤が広がっていることによって妊娠しにくい体になっているわけです。
また骨盤の歪によって、妊娠後骨盤が徐々に閉じていく際、恥骨が歪を起します。
これが恥骨痛の原因です。

吸玉カッピングで子宮環境を整える!

妊活にはカッピング(吸玉)をおすすめしています。
中国では妊娠前の準備でカッピング(吸玉)をする女性が多いです。不妊の原因になる子宮の働きを邪魔する毒素を排出し、胎児の為の環境を整えられるからです。
これから出産する、将来出産しようと思っている女性には一度デトックスをしておくことを強くおすすめします。
カッピング(吸玉)は、体内にある100兆個もの細胞を浄化し、体を本来の姿、キレイな状態に戻していきます。
子宮や卵巣にたまった毒素を出して、本来の身体の調子を取り戻すことで、妊娠しやすいカラダへと戻っていくのです。
妊娠しやすい身体になるだけでなく、健康的な身体になるために。身体のなかの不要な有害老廃物を吐き出して、免疫機能や内臓機能を高めるカッピング(吸玉)をしてみませんか?

妊活整体吸玉カッピング療法

カッピング療法について

まずは病院の医師を信じてお任せしましょう。
私たちは関西医大枚方病院で受診しました。と患者さまの話

  • 基礎体温の計測
  • 排卵を誘発する注射
  • 排卵回数を増やす薬
  • 漢方薬の処方

◎不妊の原因で多いのが貧血(鉄分不足)です。
はっきりとは分かっていませんが、まず貧血の施術からされると思います。

吸玉カッピングにより温熱効果が期待されます

また内臓の活性化が不可欠であるため吸玉カッピングにより温熱効果が期待されます。
吸玉は装着瞬時に血行が良好になるため即効性があることが特徴です。
子宮の環境を最大限に上昇させるため子宮の温度を上げることが目的

そのため前半週一回を4回
後半2週間に一回を4回
合計8回の施術になります。
施術期間は約3ヶ月です。
迷っているならまず当院を受診ください。こころの満たされる施術を提供いたします。

さあ、あなたもはじめましょう!

東洋医学による施術として

通常は下記で行われます。

  • 不妊施術にはお灸が効果的です。
  • 腹部・下腿部・足裏にしますが、基礎体温を見ながらお灸の位置を変更していきます。
  • サンビーマーによる腹部温熱療法
  • ※このサンビーマーは『不妊』で検索すれば出てくる医療機器です。
  • 漠然とした不安感などに頭部等にもマッサージ施術も行います。

西洋医学の施術は必ず必要と思いますがそれにプラスして鍼灸または吸玉カッピングを織り交ぜる方法がベストと考えます。 言わば、西洋医学は身体的なアプローチで、東洋医療は精神面と西洋医療の補助作用と考えれば、納得できます。

吸玉カッピングはこちら
ながおのさと産骨院のLINE@に今すぐ登録!
TOP